ヌメ革の特徴を詳しく教えます

財布メンズに人気【30代・40代男性にオススメ】選び方3ポイント

ヌメ革の特徴を教えます~財布課長レオンの革講座~


財布課長レオンが教える

 

 

今更 人に聞けない皮革講座...始まりますよ♪ 財布課長レオンの指さし

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌメ革とは、植物のしぶみに含まれる成分タンニン牛の原皮をなめしたものなんです。ヌメ皮は、型押しとか表面加工をほとんど何も行わずに仕上げられます。 あなたもよく、目にした事があるのでは、ないでしょうか? 世にたくさんある革の中で、もっとも革らしい雰囲気があって、よく使われていますね。

 

コレがヌメ革、「革の中の革」とも呼ばれていますね。

↓↓↓

ヌメ革

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌメ革の魅力とは

ヌメ革の魅力とは、一目で本革と分かる、ナチュラルな風合いですよね。 ヌメ革とは、環境にやさしい革でもあります。

 

●なんと!!廃棄されても、土中で微生物などにより、自然に分解されます。

 

●そして!!製造工程中に、環境を汚染する有害廃棄物はほとんど出しません。 ヌメ革は、エコで地球にやさしい革なのです。得点高いぞ!

 

 

ヌメ革の特徴

ヌメ革は、繊維がギュッと引き締まっているので、とても頑丈なんです。 買ったばかりの時は、少々硬い感じがすると思いますが、使いこんで行くと、だんだんと繊維がほぐれて、柔らかくなります。イワユル、くったりと馴染んでくるんです♪ コレがたまらないんですよね^^

 

 

ヌメ革は、表面加工をしていないため、牛本来のしわやたるみ、傷、毛穴もそのまま残されています。 これを「ナチュラル・スタンプ」と呼びます。

そして、正直なところ傷がつきやすいのです。しかし丁寧にお手入れをしていけば、5年10年、長く使うことができます。そして、表面についた傷さえも、唯一無二のオリジナルの味わいに見えてしまう素晴らしさがあるんですよ^^

 

例えば、コレ 財布課長レオンが、5ヶ月ほど毎日のように使い込んだ

ヌメ革のナチュラルな風合いをそのままに、作られた小銭入れです。

どうですか?5ヶ月でここまで経年変化しています。そして、細かいキズが表面にたくさんありますが......そんな事、気にしない~♪♪

↓↓↓

 

imagenumenume55

とにかく革の表面をスリスリしていると気持ちがいいですよ^^

なんだか気持ちが落ち着くサワリ心地です。

 

 

 

ちなみに 買ったばかりの時の、状態はコレ。

ね ナチュラルなすてきな風合いでしょ^^

↓↓↓

パティーナ小銭入れ

 

>>>財布課長レオンが使っているヌメ革のナチュラル小銭入れはコレです

 

 

ヌメ革とは、ズバリ経年劣化を楽しめる革

もうお分かりでしょう♪ヌメ革とは、ズバリ経年劣化を楽しめる革です。 日光や熱で日焼けをしたり、ケアオイルや手の脂がしみこむことで、深い色合いに変化します。日光や熱、摩擦などの刺激によって、革がもともと持っている脂分がしみだしてきます。

 

これを磨くと、独特のツヤが出て最終的に「あめ色」に変化します。 何とも言えない味わい深い色合いですよ。

 

水濡れ注意!!

 

ヌメ革の革製品を愛用するときは、水濡れだけは、絶対注意!!

水濡れどころか、少しの水分で、あっと言う間に水シミができてしまいますよ!

 

こんな風に......^^;

水濡れ 水シミ

一瞬 濡れた指で掴んだだけなんですけど水シミができて、もう焦って拭いてももとには、もどりません 涙。自然に経年変化して色が馴染むのを待つしかありません

 

.......ま それもヌメ革の楽しみでもあります....負け惜しみ 笑

 

>>>ヌメ革についてさらに専門的に知りたい方はコチラで学べます

 



 

>>>>>>30代・40代の男性へのプレゼントに最適のオススメ長財布メンズランキングはコチラ

 

この記事に関連する記事一覧

財布課長レオン 最新の記事
人気記事 ランキング
日本製財布おすすめブランドランキング
カテゴリー
財布課長レオン:プロフィール
saifukacho-leon
財布課長:レオン
会社内で財布課長と呼ばれています
詳しいプロフィール