ココマイスターのコードバンとブライドルレザー どっちを選ぶ?

財布メンズに人気【30代・40代男性にオススメ】選び方3ポイント

ココマイスターのコードバンとブライドルレザーどっち?違いと比較 


ココマイスターの財布を買うことに決めた!って時に、革初心者の方や、男性にプレゼントしたい時に、非常に悩むのが、実は、コードバンとブライドルレザーと、どっちの革を選べば良いの? どんな風に違いがあるの?って事ではないでしょうか?

 

 

財布課長レオンの指さし

 

 

そこでココマイスターのコードバン財布もブライドルレザー財布も両方持ってる財布課長レオンが、実体験を踏まえて、詳しくその違いを比較してあなたに教えます♪

 

<<ココマイスターのコードバン長財布 ブラック>>

クリスマスプレゼント コードバン長財布

 

<<ココマイスターのブライドルレザー長財布 ブラック>>

ブライドルインペリアル・ウォレット

ブライドルインペリアルウォレット購入

>>>公式サイトでさらに詳しく

 

さて どちらがコードバン長財布?ブライドルレザー長財布?

あなたは、当てられますか?

コードバンとブライドルレザー比較

 

コードバンとブライドルレザー比較2

 

正解は!

左側の写真がコードバン長財布の黒鹿毛

 

右側がブライドルレザー長財布の黒

(ブライドルインペリアルウォレットのブラック)

 

 

どうです?コードバンとブライドルレザーの革の違い、写真からなんとなくわかりましたか?

財布課長レオンの指さし

 

 

ココマイスターのコードバン財布について詳しく

 

そもそもコードバンとは?

 

革のダイアモンド、キングオブレザーと言われている、
コードバンは、絶対数が少ない馬のお尻の皮です。希少性と質の
高さから皮革の中では特に高級品です。

 

革の特徴としては、一般的には、革にハリがあって型崩れしにくい
固めの革....と言われています。例えばランドセルを想像すればわかると思います。

 

ココマイスターのコードバンの特徴とは?

 

ですが、ココマイスターのコードバンは初めから革にロウを塗布していますので、革にハリがありつつ表面を触ってみると、非常に滑らかです。

馬革財布

 

 

購入直後からしっとりと手に馴染み、艶やかなんです。財布課長レオンの第一印象も、あれ?しっとりして、滑らかなコードバン!?です。
それこそが、ココマイスターのコードバンの特徴であり、最初からの財布の扱いやすさを狙ったココマイスターの意図でしょう。

 

漆黒のコードバン長財布

 

 

一般的なコードバンの強靭な固さをイメージするとちょっと驚くかもしれません。もちろんココマイスターのコードバンは、希少な国産の高品質コードバンを使っていますので、丈夫さや強靭さ型崩れしにくさの本来の特徴は折り紙つきです。

立ててみる

 

 

コードバン長財布を買ったら、当然次は、ココマイスターのコードバン小銭入れが欲しくなります。デザインは、当然 王道の馬蹄形です♪

↓↓↓

馬革小銭入れ

 

 

 

ココマイスターのコードバン財布は、みなが憧れるような気品の高さとカリスマ性を持っています。特にこのコードバンラウンド長財布!
強烈!!贅沢すぎる!

コードバンラウンド長財布メンズ

 

 

ココマイスターコードバン財布のちょっとイマイチなところ

 

●いつも売り切れで買えない。入荷数を増やして欲しい...特にコードバンラウンド長財布は、全く買えない。

 

●内側のカードポケットがやや固い

 

●色が2種類しかない。

 

 

 

 

 

ココマイスターコードバン財布のイイところ

 

●シットリと滑らかでそんなに固くはない

 

●革は良いのに、案外価格が良心的

 

●型崩れしない堅牢感がカッコイイ

 

●気品ある滑らかな光沢があり高級感がある

 

 

 

 

>>>公式サイトでさらに詳しく

ココマイスターのブライドルレザー財布について詳しく

 

そもそもブライドルレザーとは?

 

ブライドルレザーとは、英国で馬具革として使用するために、千年も前から行われてきた、伝統的な革の加工法です。銀面と呼ばれる革の表を残した成牛の皮で、ロウを表面に加工して、大変長い時間をかけて、革自体の強靭さを高めていくのです。

 

ブライドルレザーは、ロウ漬けをしていますので触ると手に吸いつくような感触があります。ブライドルレザーの表面のロウは愛用していくうちに深い光沢へと変化していきます。そこが日本人が一番好きな革と言われる理由かもしれません。

 

 

 

 

ココマイスターのブライドルレザーの特徴は?

 

ココマイスターのブライドルレザー財布は、購入直後は、財布の革の表面にかなり白い粉が吹き出ていると思います。

 

 

このホコリのような白い粉は、革を加工した際に使用した
ロウのが革の内側から染み出してきたものです。ビックリしないでください。

↓↓↓

ブライドルインペリアルウォレットの表面の白いブルームに注目!

白いブルーム

 

ジョージブライドルロイヤルウォレットのダークネイビーのもの凄いブルームの噴出した様子をご覧ください!....購入直後です。

↓↓↓

ジョージブライドルダークネイビーの手持ち画像
この白いブルームですが、気にせず財布を毎日使い続けていますと、
ブルームは、革の繊維と自然に馴染むようになっていき消えていきます。
そして、革の表面は、ブライドルレザーらしい艶やかな光沢を増していくのです。

 

 

 

3ヶ月愛用していくと、自然に表面のブルームは消えました

↓↓↓

手持ちダークネイビー

 

もちろんココマイスターのブライドルレザーは、かなり白いブルームが
多めだと思いますので、気になる方は、乾いた布で表面のブルームをふき取ってから使い始めるのがよいと思います。

 

注意!

実は、上記のジョージブライドルロイヤルウォレットですが、3ヶ月たって表面のブルームは自然に消えましたが、内側のブルームは、放置していては、ほとんど消えません^^;......内側のブルームは、乾いた布で拭いた方がいいかもしれません。

↓↓↓

内装写真2
特に ココマイスターのブライドルレザー財布を革初心者の男性にプレゼントしたりする時は、ブライドルレザーの特徴の白いブルームについて、必ず一言説明してあげてくださいね。プレゼントとして財布を贈られたのに、箱を開けてみたら最初から財布がホコリだらけだった....なんて相手に思われたら最悪です^^;

 

 

>>>ブライドルレザーについて事前に知識をつけておく

毎日愛用していくことで、日々繊細に表情を変えてくるブライドルレザーの財布は、革を愛でるライフスタイル革を育てる喜びを手に入れることができますので、男性へのプレゼントとしてココマイスターの中でも一番人気だというのが頷けます。

 

 

 

↓↓↓

ココマイスターのブライドルレザー財布で一番売れているのは、このブライドルグランドウォレットです。正直この高品質さで税込み 32800円と言うのは、かなり安いです。

 

 

 

普通の革ブランドでは、この価格では、やっていけないでしょうね。なぜなら、円安で欧州からの皮の仕入れ値がかなり高騰しているからです。

ブライドルグランドウォレットのロイヤルブラウン

 

上記は、ココマイスターのブライドルグランドウォレットのロイヤルブラウンです。表面の白いブルームの吹き出しが強烈ですね。

 

もちろん財布課長レオンも、ブライドルグランドウォレットのロイヤルブラウンを持っていますよ♪

 

<<これは購入直後の写真>>

ブライドルグランドウォレット ロイヤルブラウン購入直後の写真

 

ブライドルグランドウォレットを8ヶ月愛用するとこういう風にエイジングしました。購入以来、一回もブルームを拭き取ったりしていません。放置です。

↓↓↓

 

ブライドルグランドウォレットのロイヤルブラウン
>>>公式サイト

コードバン財布とブライドルレザー財布 比較

 

 

財布課長レオンが、自分の持っているココマイスターのコードバン長財布とブライドルレザー長財布(ブライドルインペリアルウォレット)を見て・触って・愛用して感じたことを基に、一目見てわかる比較表を作成しました。

 

コードバンブライドル比較写真

(上記写真は、上がブライドルレザー、下がコードバン)

 

 

 

ココマイスターのコードバン財布 ココマイスターのブライドルレザー財布
特徴 コードバンなのにしっとり滑らか! 白いブルーム・固め
エイジング あまりエイジングしない 使い込めば独特の艶
丈夫さ 強靭です 堅牢です
水濡れ 水に弱い 案外水に強い
傷つき易さ 案外傷付きにくい それなりに傷付きやすい
希少性 凄く希少性 大! 英国産は、貴重
原産地 日本 英国

 

コードバンブライドル並べて比較

 

上記の写真は、上がコードバン、下がブライドルレザーです。

コードバンの方が、やっぱり革のキメが細かくシットリしていて、ブライドルレザーの方が、若干目が粗い感じがしました。

 

 

ブライドルVSコードバン

 

上記の写真は、ブライドルレザーとコードバンと区別がつきますか?

 

 

ここまで、この記事をキッチリ読んでいただいた方は、もうおわかりですね♪

左がブライドルレザー、右側がコードバンです^^

 

 

しっとりきめ細かい 滑らかさ...と言う点では、コードバンの勝ち!!

 

コードバン財布がオススメの人

 

●30代・40代・50代の会社で部下を持つ管理職の男性

 

●自らを重厚で筋が通ったイメージに演出したい男性

 

●財布も小銭入れも靴もコードバンでビシっと決めたい人

 

●正統派・王道のスキの無いライフスタイルを愛する人

 

コードバン薄型長財布

 

コードバンラウンド長財布メンズ

 

 

>>>ココマイスターのコードバン財布の最新入荷速報はコチラ

 

 

ブライドルレザー財布がオススメの人

 

●堅牢かつ艶っぽい お洒落なイメージを演出したい男性

 

●白いブルームがだんだんと革に馴染んでいくのが好きな人

 

●英国伝統のファッションが好きな男性

 

●スタイリッシュなライフスタイルを好む人

 

ブライドルレザー長財布

 

 

ブライドルグランドウォレットのロイヤルブラウン

 

4月20日(木) 21:00ブライドルグランドウォレット再入荷します!

 

 

>>>ブライドルグランドウォレット公式サイトはコチラ

 

財布課長レオンの総括・まとめ

 

コードバンかブライドルレザーか?どっちを選ぶか決まりましたか?

 

革初心者が、最初に選ぶのなら、英国産の高品質ブライドルレザーを使っているココマイスターのブライドルレザー財布をオススメします♪

 

 

なぜならブライドルレザーは、日本人が一番好きな革だから!

日本人が持っている財布で一番多く使われているのは、ブライドルレザーと言われています。

 

 

最初は、ブライドルレザー財布で天然皮革の扱いに慣れてから、希少性が高く、価格の高いコードバン財布を手入れることを財布課長レオンは、オススメします♪

 

 

 

>>>ココマイスター公式サイト

 

 

PS

財布課長レオンは、比較写真や実際に並べて触ってみて、改めて感じたのですが....

 

 

ぶっちゃけ コードバンの革の方が、ブライドドルレザーに比べて、格が上!!.....と感じました。さすが革のダイアモンド・キングオブレザーといわれているだけの事はあります。しっとり滑らかで かつ強靭で堅牢....型崩れしぬくい。

 

 

価格が、ブライドルレザーの財布より高いのも当たり前です。

 

財布課長レオンの指さし

 

貴重な革のダイアモンド、ココマイスターのコードバン長財布を手に入れるには、以下の方法を使わないと、購入することは、できないでしょう。

再販売時の、一瞬のチャンスをものにしてください!

 

↓↓↓

ココマイスター購入方法

 

 

 

>>>コレがココマイスターの入荷待ち財布を再販売時に確実に買う方法です

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

財布課長レオン:プロフィール
saifukacho-leon
財布課長:レオン
会社内で財布課長と呼ばれています
詳しいプロフィール
財布課長レオン 最新の記事
日本製財布おすすめブランドランキング
人気記事 ランキング
ココマイスター財布を本音でレビュー
まるでARTのような財布
カテゴリー
 
株取引用語